NHK|のどや舌の筋肉を鍛える声出しのやり方を海老原覚先生が伝授

健康

食べ物を飲み込む時に使うのどの筋肉は
40代から衰え始めるそうです。

 

嚥下障害や誤嚥性肺炎を防ぐ
摂食嚥下リハビリテーションのエキスパート
東邦大学大学院教授の海老原覚先生が
のどの筋肉を鍛える「声出し」のやり方
NHKで紹介されています。

 

海老原先生によると飲み込む力が衰える理由は

・のどを支える筋肉が衰えること

・のどの感覚が衰えること

の2つになるそうです。

 

海老原先生が紹介されていた
のどや舌の筋肉を鍛える「声出し」のやり方について
自分も正確なやり方を忘れないように記録も兼ねて
ブログに残しました。

 

 

《関連記事》

NHK|あご持ち上げ体操のやり方を海老原覚が伝授【飲み込む力を鍛える】

NHK|嚥下おでこ体操のやり方を海老原覚先生が伝授【飲み込む力を鍛える】

 

 

 

 

 

のどや舌の筋肉を鍛える「声出し」のやり方

「パ」「タ」「カ」「ラ」と声を出していきます。

 

1、くちびるを閉じて「パ、パ、パ、パ」と声を出します

 

2、上アゴに舌をしっかりとくっつけて「タ、タ、タ、タ」と声を出します

 

3、のどの奥に力を込めて「カ、カ、カ、カ、」と声を出します

 

4、舌を丸めて舌先を上前歯の裏側にくっつけて「ラ、ラ、ラ、ラ」と声を出します

 

5、「パ」「タ」「カ」「ラ」と続けて行います

 

1〜5を1回として

1回10セット×1日3セットを目安に行います。

 

行うタイミングは食前や食後など決まった時間にやるのが
オススメなんだそうです。

 

 

 

まとめ

高齢の祖母と一緒にやって教えてあげたら
祖母が不器用ながら自分でやっていました。

 

今のところ自分で生活できている祖母ですが
元気で長生きしてほしいので私も一緒にやって
のどの筋肉を鍛えてみたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました