NHK|あご持ち上げ体操のやり方を海老原覚が伝授【飲み込む力を鍛える】

健康

食べ物を飲み込む時に使うのどの筋肉は
40代から衰え始めるそうです。

 

嚥下障害や誤嚥性肺炎を防ぐ
摂食嚥下リハビリテーションのエキスパート
東邦大学大学院教授の海老原覚先生が
飲み込む力を鍛える「あご持ち上げ体操」のやり方
NHKで紹介されました。

 

《関連記事》

NHK|のどや舌の筋肉を鍛える声出しのやり方を海老原覚先生が伝授

NHK|嚥下おでこ体操のやり方を海老原覚先生が伝授【飲み込む力を鍛える】
 

 

海老原先生のお話では飲み込む力が衰える理由は

 

・のどを支える筋肉が衰えること

 

・のどの感覚が衰えること

 

の2つになるそうです。

 

飲み込む力を維持するために
喉頭蓋を支える筋肉を鍛える体操が紹介されました。

 

 

あご持ち上げ体操のやり方

1、顔を下に向けてできる限りアゴを引きます

 

2、その姿勢のままアゴの下に両手の親指を当てます

 

3、アゴは下向きに、親指は上へ同時に力を入れて押し合う状態を5秒続けます

 

※「3」の状態の時に意識して喉仏のあたりに力を入れます

 

1〜3を10回1セット

1日3セットを目安にやっていきます。

 

力の入れすぎは首を痛めるといけないので
少し加減してやってみる方がいいようです。

 

 

 

まとめ

この筋トレで声も若く保てたらいいなと
嚥下とは関係ないことを考えながらやってしまいました。

あご持ち上げ体操はいつでもどこでも
できる体操なので続けやすいです。

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました