あさイチ|エノキタケのダイエット効果と刻み冷凍えのきの作り方を江口文陽先生が紹介

あさイチ

2020年9月1日放送のNHKあさイチ
エノキタケの健康パワー
ダイエット効果について紹介されました。

教えてくれたのは東京農業大学教授の
江口文陽先生です。

 

江口先生はキノコ研究30年の
キノコのスペシャリストで
これまで50種類のキノコを栽培して
栄養を研究されてきたそうです。

 

そんな江口先生が今イチオシするのが
エノキタケのダイエットパワーになります。

 

 

 

《関連記事「えのきパワーを最大限引き出すレシピ」》

あさイチ|刻み冷凍えのきご飯のレシピと作り方を江口文陽先生が伝授

 

 

 

 

エノキのダイエット効果

エノキタケは一見細くて弱々しく見えますが

 

・免疫力を高める

(ベータグルカンが豊富で抗酸化作用も強い)

 

・ストレス解消

(GABA)

 

といった健康パワーの他に
ダイエット効果も期待できるんだそうです。

 

 

 

食物繊維キノコキトサン

江口先生によると、食物繊維キノコキトサン

 

・脂肪の吸収を抑える

 

という働きがあるそうです。

 

江口先生の研究によるとキノコキトサンを8週間
毎日摂り続けた4人の体脂肪量の変化は平均して
1.5kgも減少したそうです。

 

 

 

エノキの効果的な食べ方【氷えのき】

エノキはシャキシャキとした食感からもわかるように
細胞壁がとっても硬いため、すき焼きやお鍋のように
普通に食べても成分を3割しか摂取できません。

 

そこで江口先生が考案されたのが
硬いエノキをペースト状にして凍らせた
「氷えのき」になります。

 

みそ汁に入れるなど、料理に入れて溶かすだけで
普通に食べるよりも約3倍も多くキノコキトサンを
摂取することができるそうです。

 

 

氷えのきの作り方

1、エノキをミキサーにかけてペースト状にします

 

2、鍋で1時間とろ火で煮込みます

 

3、粗熱をとってから製氷皿に移して一晩凍らせます

 

1時間とろ火で煮込むという手間がかかるので
江口先生は別の手間いらずの方法を考案されました。

 

それが「刻み冷凍えのき」になります。

 

 

刻み冷凍えのきでキノコキトサン2倍

刻み冷凍えのきは、
えのきを刻んで冷凍しただけのもので
刻んで冷凍することで細胞壁が壊れて
キノコキトサンを通常の2倍も多く摂取することが
できるそうです。

 

 

 

刻み冷凍えのきの作り方

1、生のえのきを約1cm幅にみじん切りにします

 

2、ジッパー付き保存袋に入れて空気を抜きます

 

キノコキトサンなどの成分は空気が入ると
結露に成分が抜け出るので空気を抜くことが
ポイント
になります。

水に溶け出しやすいんですね。

 

 

 

刻み冷凍えのきの使い方

刻み冷凍えのきは
いろんな料理にちょい足しするだけで使えますが
必ず2分以上の加熱が必要になります。

そうしないとお腹をこわす原因になるそうです。

 

食べる量は1日あたり50〜100gを目安に食べると
よいそうです。

 

 

まとめ

エノキの栄養は考えたことがなかったですが
健康パワーやダイエット効果と食べ方を
知ることができてよかったです。

簡単に作れるので常備したいです。

 

 

 

《関連記事「えのきパワーを最大限引き出すレシピ」》

あさイチ|刻み冷凍えのきご飯のレシピと作り方を江口文陽先生が伝授

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました